新橋・汐留の歯科はナンバデンタルオフィス
HOME>矯正について

| 症例 |

矯正治療症例
歯を引っ張りあげたり起こしたり、位置を修正します。 かぶせ物を作る際の下準備になる大切な治療です。

 

右の写真のように、虫歯が進行すると、歯の神経は炎症を起こしているので根の治療が必要になります。最終的には、かぶせ物を作って治療は完了にな りますが、ここで問題がでてきます。根の治療後、土台作成をする時や かぶせ物の型をとる時に虫歯が深すぎて治療が曖昧になってしまう危険があるのです。このときに選択する治療方法が、歯の位置を修正をする部分的な 矯正です。
歯は動きます。弱く持続的に力が加わることで、歯は引っ張られる方向や押される方向に向かって、ゆっくりと動きます。歯の周りには薄い膜(歯根膜) や血管の網があり、これらに力が伝達されると、歯を動かす指令を受けて体は反応します。

 

第二小臼歯(5番)の虫歯が骨の近くまで進行しています。虫歯を完全に取り去って咬めるようにするため、根の治療→部分矯正→かぶせ物を作る治療 、の順番で治療を進めます。


歯の頭の部分(歯冠)が虫歯で半分無くなっていて、神経まで達していることがわかります(1.2) 初めに根の治療をします(3)
その後、患者さんの歯にあわせてワイヤーを曲げ、装置を着けます(4)
歯を引っ張り上げるために根の中にはバネが組み込みまれています。バネが縮もうとする力を利用して、歯を動かします。 装置は内側に着けることが出来たので見た目を気にすることはありません。食事もできます。(外側に着ける場合もあります)

 

歯の側面から虫歯が進行し神経の炎症を起こしています。歯肉の下まで進行しています。 化膿している根の治療をしてから、部分矯正の装置・引っ張り上げるためのバネを組み込みます。
バネが縮む力を支えるためのワイヤーを隣り合う歯に着けます。バネの端を止めて縮む力を安定させます。 根には弱くて持続的な力が加わります。これにより歯は損傷を受けることなく上がってきます。痛みも感じません。レントゲンで動いたのが分かります 。根の先に出来た隙間は骨で埋まります。
装置は内側につけることが出来たので目立ちません。(症状によっては、外側に着ける場合があります。) 歯を引き上げると周囲の骨も一緒に盛り上がってきます。歯の高さと骨の高さとのバランスを整える治療をします。
治療直後の様子です。歯肉の境目から歯のフチがくっきり見えています。この部分は部分矯正をする以前は、骨の中に埋まっていました。 角度を変えてみると歯と歯肉・骨の調整がどれくらい出来ているのかが分かります。
すべての準備が整って、土台を作るところです。部分矯正と骨のラインを整える治療の結果歯肉と歯のフチが、くっきりしました。 土台の樹脂を流し込みます。
土台が完成した時です。かぶせ物をつくるための十分な高さが確保できました。 第二小臼歯(5番)の虫歯が骨の近くまで進行しています。虫歯を完全に取り去って咬めるようにするため、根の治療→部分矯正→かぶせ物を作る治療 、の順番で治療を進めます。

 

前歯の場合も、奥歯と同じように治療が出来ます。仮の歯で見た目を補いながら治療を進めます。


根の治療を終わらせてから部分矯正の装置を組み込みます。

装置は歯の裏側につけ、仮の歯もつけます(5,6) 部分矯正中は虫歯にならないように歯の表面に薬を塗ります(7)
部分矯正が終わった後、骨のラインを揃えます(8) かぶせ物を作る治療に入る準備が整ったところです(9)
歯肉と歯のフチがはっきり見えます。 この状態になるように歯の周囲の環境を整えれば、馴染みのよい前歯を作ることができます。 この後は土台を作成します(10)

 

上犬歯の位置が、一般的に言われている「八重歯(やえば)」の状態で、さらに歯肉の高さが
ふぞろいでした。初診時の状態では、咬み合わせの大切な条件である犬歯誘導(上下の犬歯が
こすれあうことで出来上がる理想的な咬み合わせの様式の一つ)ができていません。犬歯同士
がしっかりと咬み合うようにすることも、見た目だけではなく、矯正治療の大切な目的です。
デコボコの歯並びを治し、ホームブリーチングを行い歯列矯正は完了しました。
今現在も治療中で、上顎右側3番・同左側3番、下顎右側3番・同左側3番をべニア治療中です。
(7月に上顎右側3番・同左側3番セット予定)
仮歯(右上6番)は、セラミックの被せもの(メタルボンド)にて、上下の犬歯はポーセレンラミネートべニアでの修復が終わった状態です。 顎を横に動かしたときに、上下の犬歯同士がこすれ
合って、奥歯が離れる様式(犬歯誘導と呼びます)が理想的な咬み合わせです。
初診の時から比べると、審美的にも機能的にも回復しました。

 

上顎前歯にできてしまった隙間、歯肉のおちこみを改善したいという主訴でした。
部分矯正で少しずつ歯を寄せていきました。歯肉も一緒に引き寄せて仕上げました。
   

 

「上の前歯のデコボコをきれいに治したい」ということが主訴でした。上顎右側1・2番、同左側1・2番
べニアで修復することになり、可及的に歯質を保存するために部分矯正を行いました。
修歯列と歯肉の高さをそろえてから上顎右側1・2番、同左側1・2番べニアで修復していきます。


少し時間はかかりますが、いきなり削って進めていくよりも、歯並びを少しでも改善し、
歯肉ラインを整えてからの方がべニアの仕上がりも美しくなります。